• トップ /
  • 建設紛争の弁護士の口コミ

建設トラブルでは口コミも参考に

建設関連の紛争(裁判や調停、交渉など)で弁護士に依頼するときには口コミも参考になります。建築の訴訟では主に訴状や答弁書、主張書面の流れを決める書面を提出して弁護士が立証活動を行い、それを判断して判決し和解をまとめるのが裁判官です。裁判官や弁護士の殆どは建設に関しては素人ですが、中には専門に取り扱う事務所や一級建築士の資格も持っている弁護士もいます。同じ依頼するときもやはり最初に口コミなども調べてから建築に特化した事務所や実務経験が豊富だとやはり安心です。建設に特化していると建築や技術紛争の本質や争点も速やかに捉えることが可能で、主張するべき技術的な事項も正確に理解してわかりやすく言語化し、図表や証拠を効果的に使って裁判所や相手に伝えることが出来ます。また、裁判所などの第三者の法的評価や解決の見通しを検討してから次の戦略も立案してくれます。訴訟だと具体的に設計図書や見積書、施工資料等を調査してから証拠にして主張を準備書面として表現します。これに対して相手方の主張書面や証拠、裁判官とのやり取りなどをしてからリスクも分析し、依頼者には十分な説明を行い中朝と立証の補充や和解の諾否を検討していきます。建設紛争の調停や任意の交渉でもこれに準じた活動を行い、最終敵には依頼者と十分に議論をして建築企業や社会との関係を考えながら依頼者にとっての最善の解決を目標とします。口コミには実際に建設紛争で依頼した人の意見が確認できます。

建設の有益情報

↑PAGE TOP