• トップ

建設トラブルに対処する

建設業者であれ住宅などの建築を依頼した顧客であれ、効率的にトラブルを解決するためには弁護士に頼る必要があります。建築工事には様々なトラブルが発生する場合が存在します。例えば建造物の位置が、本来の設計図と多少ずれていたような場合などが考えられます。住宅などの建設が行われ多少の瑕疵が存在する場合に、必ずしも工事のやり直しや損害賠償求が請求できるわけではありません。建築確認の申請時に行政指導を受けたなどにより、本来の設計図と異なる形で施工した合理的な理由が存在する場合には瑕疵として認められない場合があります。建設工事に伴うトラブルの解決には、法律や建物に関する専門知識が必要です。特に不動産を専門分野とする弁護士に相談することが、より効率的なトラブル解決につながります。不動産に関するトラブルを得意とする弁護士を見つけるには、各都道府県に存在する弁護士会や法テラスなどに相談するのが効果的です。また不動産関係の問題を確実に解決するためには、建築士の協力を得ることが必要とされます。建設工事に伴う問題を効率的に解決することができる能力を持つ弁護士の多くは、信頼の置ける建築士と協力関係にあるという特徴を有しています。

建設の有益情報

新着情報

↑PAGE TOP